ホップCBDのお話

2017年頃から海外で少しずつ健康補助品としてブームになってきたCBD成分。

2019年にはアメリカで大ブームとなり、日本にも多くの商品が入ってくると予想されています。

 

ただ日本の人にも少しづつ知られるようになったCBDですが、「大麻だよね」「ダメなやつでしょ!」と、まだCBDに対する理解や馴染みが少ないのも現状です。

 

そこで、

なぜTeamNFSはCBDを活用して2019年にはモトクロス大会や選手権に出場してきたのか?

 

スポーツ選手には恐ろしいドーピングなどに引っかからないのはなぜか?

 

ということなどを交えて、ホップCBDの良さをお伝えします。

 

CBDはどのようなもの?

CBDという成分は、別名カンナビジオールと言われ、大麻草にある約100種類の成分からなる化学物質(別名カンナビノイド)の1つになります。

 

カンナビノイドの中には、CBD(カンナビジオール)・THC(テトラヒドロカンナビノール)・CBN(カンナビノール)など、海外では医療分野で大きな成果があると注目され、化学療法や医療への応用へと盛んに研究されています。

 

また大麻草には様々な成分があり、精神に作用する精神活性成分と、体内活動に作用する非精神活性成分に分離して利用することが可能になります。

 

日本では「大麻」と聞くだけで

「麻薬だからダメ!」

と拒絶反応を示してしまいますが、大麻成分の中で、麻薬として禁止されている成分がTHC成分(テトラヒドロカンナビノール)になります。

このTHC成分は強い陶酔作用があるので、大麻などで逮捕されるのは、このTHC成分の高濃度を吸引することによって気持ちがハイになる・おかしくなるという人たちですね。

だからTHC成分は、医療大麻として医師が利用する以外では日本では大麻取締法で禁止されています。

 

ただ、禁止されているのはTHC成分で、

それ以外で最近特に健康に良いと注目されているのがCBD成分(カンナビジオール)です。

 

こちらのCBD成分は、抗けいれん作用・鎮静作用・鎮痛作用など、身体の免疫機能や本来の細胞の働きを正常に戻したり、痛みを和らげる・ストレスや鬱(うつ)などを防止する作用があります。

 

一昔前までは大麻なんて言葉を聞くだけで、「危ない・危険」と思われていましたが、今ではそのCBD効果が身体の免疫を高めると、多くの成果と期待がよせられています。

 

CBDは身体にどう作用する?

実は、先程もお伝えした大麻草に含まれるカンナビノイド成分は、私達の身体の中でも自然に作られている物質です。

 

えっ?

 

大麻と同じ成分が身体で作られている・・?

 

こわっ・・・

 

と思われたかもしれません(笑)。

 

大麻成分と同じですからねぇ・・(笑)

 

でもこのカンナビノイドはとても大切な物質で、私達の身体で健康を維持させる調整を担っています。

 

例えば、ストレスや病気・老化などによって体内で作られるカンナビノイド成分が減少すると、様々な体調不良の原因となることがわかっています。

 

また、偏頭痛や線維筋痛症・神経の異常などがある人はカンナビノイドが不足しているといわれます。

 

あまり知られていないカンナビノイドですが、身体の健康バランスを保たせるにはなくてはならない物質だったのです。

 

これは・・

 

こわっ・・!

ではなく、

 

すごっ・・!

ですよ(笑)!!

 

そこで、何らかの不調で不足していくカンナビノイドですが、CBDの補充によって健康バランスを正常に保つと注目されるようになりました。

 

大麻CBDではなくホップCBD

このようにCBD効果の期待が高まってくる中、

2019年3月にソチ冬季五輪のフリースタイルスキーで銀メダルを獲得したデビン・ローガンが、CBD成分を使用しドーピングで3か月の出場停止処分になりました。

ドーピング記事←こちらをクリック

 

彼女は、

「カンナビジオール(CBD)製品を使用して気分が楽になりましたが、パッケージに書かれていたTHCはほんの微量で、それ以上の量は含まれていないと信じていました」

と説明していましたが、実際のTHC含有量はパッケージに記載されていたよりもはるかに多いことがわかったのです。

 

製品を信じていた彼女は、選手生命にも傷が付き、信用を失いかねない事態となりましたが・・

 

これって、スポーツ選手には合ってはならないことです!

 

なぜこのようなことになったのか?

大麻CBDはどうしても製造過程で極微量のTHCが含まれてしまい、0%にはならないのです。

 

CBDは、海外からもネットなどで簡単に手に入るようになり、身近に使える健康オイルとして販売されていることも多いのですが、実は麻薬成分でもあるTHCを極限まで削除させるには、かなり高度な技術が必要なのです。

 

だから製造販売元が明確でなかったり信用性がない場合は、THC濃度が何%入っているのかわからないこともあります。

これって、怖いことですよね・・。

 

デビン・ローガンさんのCBDも、「THCの含有量が掲載されていた以上に含まれていた」ということなので、大麻由来のCBDは危険が伴うという結果にもなってしまいました。

 

 

ですが、ここからです!

 

 

TeamNFSのCBDって?

大麻由来のCBDは、THCが「絶対入っていない」とは言い切れないので、身体の機能にはとても有効と分かっていても「麻薬成分」という言葉で、

 

テレビに映るような知識人や有名人は「叩かれる」

 

アスリートの人達は「ドーピングに引っかかると困る」

 

と手を出せない状況なんですね。

 

ですが、TeamNFSで使用しているCBDは

 

ホップ由来のCBDなので、THCは全く入っていません!

 

ドーピングにも全く関係ありません!

 

もう一度言いますね。

 

ホップ由来のCBDなので、THCは全く入っていません!


ドーピングにも全く関係ありません!

 

 

ホップ由来って?

 

ホップって、ビールが作られるアレ?

 

そうです!そのホップです!

 

 

従来は大麻にしか含まれないといわれていたCBDが、ホップから発見され、そのホップを品種改良し高濃度のCBDオイルが誕生しました。

 

 

大麻由来のCBDの話は前から知っていて、健康維持には良いとわかっていたのですが、スポーツ選手には手が届きにくいモノでした。

 

しかし、ホップ由来のCBDができたと聞いた時に、これならアスリート選手でも問題なく健康維持に使えると確信して、

 

まずは桒垣代表と佐々木選手・筒井選手・橋本選手にしっかり効果を試してもらいました。

 

 

効果がわかってからは・・

 

 

 

手放せなくなる始末です・・(笑)。

 

 

ということで、

TeamNFSでは、ホップ由来のCBDオイルで選手や家族の健康管理をしています。

 

 

気になる効果ですが、直接聞いて下さい(笑)!

 

詳しくは

桒垣代表:080-3882-6021

イリオス釧路:0154-64-6988

まで!