2018年全道モトクロス選手権第7戦

 

9月16日に全道モトクロス選手権が浦幌コースで行われました。

 

天気にも恵まれて、TeamNFSも前日のパドック設営から楽しく開催日を迎えることができました。

今回チームからは、NAクラス2人・IBクラス3人で参戦しました。

ポイント争いが激しい上位クラスの戦いなので、観覧する方としても、楽しいレース展開に期待が高まります!

 

NAクラスは、延原選手と守屋選手の出場です。

延原選手はいつも以上に勢い良く安定した走りを見せてくれて、ヒート1・2共に1位で総合1位の成績でした。

実は、毎回ビデオカメラを回しているのですが・・

この浦幌コースはスタートを切ると,その先が少し見えにくい形状になっているんですよね。

スタートを映して一旦カメラを切り、違う場所に移動してまた録画をする形になるのですが、

NAクラスヒート1の時・・

スタート後、移動して再録画すると、

あれ~?延原選手いないな~

転倒したのか?と思ってカメラを回していたんですよね・・

 

そしたら、2位の選手とかなり離れたところで、ダントツのトップを走っているではありませんか!!(笑)

 

あれ?

2位走行している選手を、1位と間違えて映していたんですね~(笑)

 

カメラを回しながら、1人で笑ってしまいました (* ´艸`)クスクス

 

守屋選手も安定した走りを見せてくれ、ヒート1は4位・ヒート2は7位でした。

 

IBクラスからは、桒垣選手・佐々木選手・橋本選手の出場です。

練習中の転倒で怪我をしていた佐々木選手ですが、今大会から復帰しました!

また怪我をすると、長期療養になるので(笑)

今回は、安定した走りを心掛けていました!

ヒート1は10位でヒート2は11位でした。

 

 

橋本選手は前日から気合が入っている様子で、緊張感を漂わせるオーラが全開でした!(笑)

バイク整備にも余念がなくいざ本番です!

転倒も沢山見せてくれましたが(笑)、怪我もなくレースを楽しめたので良かったと思います!!

ヒート1は12位でヒート2は9位でした。

 

 

桒垣選手は、いつもと変わらない走りでした。

スイッチONすると、勢いにのってトップを走る高速ライダーになるのですが・・

スイッチがOFFになると、これでもか!というくらい低速ライダーになるのが特徴的です!

今回ヒート1は、惜しくも転倒があったため最下位からの追い上げを見せてくれましたが、ヒート2は明らかなスイッチOFF状態になったはずです!

この走りは、今に始まったことではないので驚く事ではありません!

観覧席からも、

あっ、もう切れたね!

の声が聞こえます(笑)

 

 

でも、この展開があるから面白いレースになっているのも、間違いないと思います!(笑)

ヒート1は4位でヒート2は3位でした。

 

 

今回も楽しいレースとなり、見ている方の歓声も沢山響いていました!

 

次回は、最終戦になります。

えーっ、もう最後なの・・と淋しい気持ちにもなりますが、

9月30日、栗丘コースで行われます。

応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す